大阪でドローンの資格を取得するのに人気のスクールを徹底比較!おすすめ形式で紹介しています。

ドローン操縦は難しい!ドローンスクールで学ぼう

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/09

皆さんはドローンの操縦について難しいと感じているのではないでしょうか。実はドローンの操縦は昔のラジコン飛行機類などと比較すると難易度はかなり低いのが特徴です。ここでは、スクールに通うことでどのようなことを学べるかを解説しつつ、ドローンの操縦を学ぶことができるドローン教室が必要とされる理由について解説をしていきます。

ドローンスクールでは操作法以外にもたくさん学ぶ

ドローンスクールで学習する内容についてですが、スクールでは、主に2つのことを学習します。皆さんよくスクールと聞くと勉強をするのではないかといわれますが、まさにその通りでいきなり実技やいきなりドローンとは何かを試験をするのではなく、そもそもドローンとは何か?を学んでいくのです。つまり、なぜこのようなラジコンが生まれたのかという経緯を知ることによりドローンについて知識を得てもらうことがスクールの目的であるのです。

もちろんすべてのスクールが、そのように歴史について学習するわけではないのですが、多くは座学を学んだうえで実戦を通して最終的に操縦試験に合格することでライセンスを取得するのがスクールの存在する理由になります。とくに大阪においては、撮影に際してラジコンにカメラを搭載した物で空撮を行う場合において必要なライセンスであるため、自由に空撮の許可を得るためにライセンスは必要であるといってもよいです。

なぜ、ライセンスを取得することで空撮の許可が下りやすいかについては、ライセンスを得ていることで操作技術を熟知しその上で安全に操作することを保証しているため空撮の許可を得やすいのです。逆にいってしまえば、それだけライセンスの効果は大きく、操作をきちんと行い、安全に配慮すること約束することを免許取得時に学びますので安全確認などは個人に委ねられたうえで撮影を許可するというのがライセンスの役割でもあるのです。

ライセンスについては実技と筆記がある物とそうではない物がある

ドローンのライセンスについてですが、操縦資格を証明する免許については2種の物があります。一つは、日本UAS産業振興協議会やドローン操縦士協会が主催するライセンスで、無人航空機操縦技能証明証や無人航空機安全運行管理証明書という名称の免許です。こちらは座学および実技を学んだうえで試験に合格すると免許が配布されるという物で、民間のライセンスでありながら車の免許さながらの座学および技術が問われる免許です。一方でドローン検定協会が主催する無人航空従事者試験については筆記のみで免許取得可能なライセンスであるため、即座にビジネスに生かすことができるライセンスであるといえます。

なぜ、このようにライセンスが複数あるかですが、もともとドローンは自分が乗り込み操縦をする車のような製品ではないため、国家資格とは異なり、国が認めている免許ではないのです。つまり、ドローン自体は自由に飛ばすことができるのですが、問題となったのが各々の技術力です。そこで登場したのがライセンス制度で、ライセンスを発行することでドローンのような機器を扱えるものであると民間が証明しました。

あくまで民間のライセンスであるため、商業に使用することしかできないライセンスなのですが、利点があり、空撮の許可を得ることが容易になるなどの恩恵があるが故正しい知識を学ぶためにスクールに通うのです。とくに大阪のような観光地であれば、自由に飛ばすにはある程度ドローンの知識を持ち、その上で飛行制限などを把握する必要があります。ドローンのスクールではこうした、大阪であれば大阪に応じた飛行計画の練り方なども学ぶことが可能となります。

法整備によっては今後資格を必要とする可能性も否定できない

現在ドローンは法整備されておらず、資格を必要とせず操縦することを可能としています。しかしながら、今後においてはどのような事態が起こり得るか分らず、ドローンスクールなどで操作法及び技術や飛行禁止エリアなどなどさまざまな条例を学ぶ可能性も否定できないです。

将来的に、ライセンス化されることも可能性として考えられるため、資格を必要とするようになる前に資格を取得しておくというのもひとつの手段です。たとえば車を例に出しますと、実は昔、車は免許を必要としていなかったのです。しかし、車が爆発的に普及しますと事故を多発し、正しい知識を身につけた上で運転する技術を身に付けることを兼ねて免許という制度が生まれました。このことがドローンにおいても起こる可能性があり、ドローンスクールにて学んでおくというのもひとつの手段であるということです。

とくに大阪のような人が多いエリアにおいて航空ラジコンが多数飛行するとなりますと、空中での接触やルールを知らないがゆえにおきえる事故なども考えられるため、ドローンの需要が増えれば増えるほど今後、航空ラジコン全般を飛行させるに際して免許制度が導入される可能性も否定できないです。早いうちにスクールなどで操作法及び知識を得ていれば今後、免許が必要となった場合においても同様に再度、スクールに通うなりして正式ライセンスを得ることができる可能性も通常の人よりもスクールに通っていた分有利に働く可能性もあります。

 

ドローンの操縦においては、現状の免許を必要としませんが、将来的には安全上の都合で免許を必要とする可能性は否定できないです。そうなるまでにある程度スクールにて操作法及び技術を蓄えておくことが、将来的にはドローン飛行を自由に行うに際して必要となる可能性もあります。

【大阪】おすすめのドローンスクール

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社WUCAドローン教習所ドローントレーニングセンター(空力計画株式会社)空ごこち日本ドローンアカデミー大阪校
特徴屋根付き実技会場で天候を気にせず実践に近い実習が受けられる初心者から上級者まで、どんな人でも通いやすいスクールこれまでに250人以上のJUIDA認定パイロットを育成した実績のあるスクール初心者やシニアでもわかりやすいオリジナルのテキストと独自カリキュラムを採用現役ドローン操縦士から実践に役立つ指導を受けられる空撮に強いスクール
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索